この講義は、前回お届けしてから随分と時間が経ってしまいましたが、ますますバージョンアップしてお届けすることになりました。

 

前回は、まだ波動エネルギーのことを奥深くまで入れ込めていませんでしたが、水についての講座も一度通しまして、アロマセラピーやハーブのエネルギーのことをエレメントで電子の観点で盛り込みが完成しました。

 

テキスト化するのが大変で・・・講義でご紹介するのは簡単ですが、少し苦労しました。

 

やはり前回『足りないなぁ・・・』と思った、体感ベースでの講義を盛り込みたいと考え、今回、初級・基礎講座では、精油がセットになっています。

 

香りを嗅ぎ比べながら理論を聞くことで、情報と体験をセットにしてすぐに応用できる知恵にしてもらいたいと考えております。

 

アロマポカセリーとは?

そもそも『アロマポセカリー』とは、成分だけにとらわれすぎない、かといって、気持ちの問題やスピリチュアル的でもないアロマセラピーの世界を理解する理論です。

 

単なるアロマセラピーではない芳香エネルギー療法への世界へつなげるために、アロマセラピーを専門的に学ばれたことがある方はご存じかもしれませんが、「その精油はしっかりと有効とされる成分を含んでいるかどうか?」を調べ、その成分の作用を理解する必要があります。

 

そして、『だからこそ効果がある!』と、考えてきたことでしょう。

 

私も、その昔はそうでした。

 

例えば、アロマセラピーで、リラックス、安眠と言えば!というほど王道の精油とされるのがラベンダー。

 

 

 

ラベンダーのリラックスや誘眠効果をもたらすとされているのは、酢酸リナリルという成分ですよね。

 

  • 中枢神経バランス調整
  • 鎮静
  • 血圧低下

 

などの作用があると言われています。

 

その成分がたくさん含まれていれば、どんな人にでも効果があるのでしょうか?

 

私も実践してきました。

 

酢酸リナリルが鎮静効果を発揮するには、30〜40%くらいは含有していないといけない。

など、学んできたし、若い頃はそれを忠実に選んできました。

 

でも・・・・実践してくればぶち当るのです。

 

ラベンダーで全ての人に鎮静作用が起こるわけではないことを。

 

  • 安眠にラベンダーが良い人と、それがかえって不快感で眠れなくなる人。
  • 入眠障害があってペパーミントで寝られる人、ペパーミントで興奮して眠れない人。

 

なぜこんな差異があるのか?

 

そんな問題提起から、一人一人の個性や体質に合わせてどうアプローチしていくのか?

こんなところも、アロマポセカリーの理論に繋がる大切な要素です。

 

ただの「好み」で片付けられない法則がありました・・・

実は、そこにきっちりとした理由と科学的なポイントがあるのです。

量子アロマセラピーの世界とでも呼びましょうか。

 

AROMAPOTHECARY

 

 

今まで、精油を使ったこともないし、学んだこともないという方も大丈夫です。

かえってその方がいいかもしれません。

 

先入観がないので、精油の世界で、エレメントマトリックス理論を掘り下げるよい機会になります。

 

もともと、アロマセラピーを学んでいて、すでに実践されている方には、精油をより深く知り、その個性ある一人一人にぴったりの精油の選択を可能にする学問になります。

 

アロマセラピストさんこそ受けてほしい。

なぜ実用的に使いこなせないのか?

不眠にいい精油が、ラベンダーなのか?ペパーミントなのか?

などと、悩む必要が無くなります。(これは一つの例です)

 

成分は大切ですが、その成分が表す意味をもっとホリスティックに掘り下げるとたどり着く世界。

 

それが『アロマポセカリー』です。

 

ちなみに、スピリチュアル的に「精油を感じてください」という学びや精油の使い方がありますよね?

「精油を感じてください」の意味を成分から、そして化学的に理解することができます。

 

私も、ある精油のグループの使い方のところで「精油は成分は関係ありません感じてください。」と言われたことがあります。

 

「それは何を根拠にそういうんだろうか?」とかなり悩みまして・・・。

 

その視点での、精油の捉え方を眺めて、なおかつそこに納得できる理由が欲しかったので深掘りしました・・・。

 

5年前くらいにエレメントマトリックスをまとめてから、やっと自分でも納得のいく精油の『感じてください』の理論。なるほど。と腑に落ちました。

 

とはいえ、私はまずは理解する上でも成分大事だなぁ。その成分からの波動エネルギーへのつながりを知ってほしいです。

 

 

「精油はバイブレーション」ということをお伝えしている方はいらっしゃいますよね?

 

そこをもう少し、わかりやすく、誰にでも納得してもらえるように「スピリチュエアルな使い方」というレッテルを貼られないためにも。

 

この理解が深まれば、「怪しげだなぁ」と言われている世界での精油の扱い方も「身近になるし、怪しくなくなる」とも言えます。

 

これはクリスタル(鉱石)も同じです。

 

成分もその成分が持つバイブレーションも理解して、ハーブと精油を自然治癒のサポーターとして、波動的というか、流行りの言葉で言えば量子的と言いますか、家庭のアロマ薬箱をバイブレーションを活用して実践していきませんか?

 

 

 

アロマポカセリー 0章:メディカルアロマの基礎・概論を中心とした講座

アロマポカセリー 0章 (全1講座:2時間)

販売価格:15,840 円(税込)

アロマポセカリーを学ぶ前に基本的なアロマセラピーの精油の捉え方や精油の扱い方他をお話しします。

その上で、なぜアロマポセカリーなのか??
波動エネルギーのことを絡めて講義にしてあります。

普通のアロマセラピーのスクールによっては教えていることとは大きな違いがあります。


<カリキュラム>
アロマセラピーという自然療法
(アロマセラピーを学んだことのない方はここからスタート )

<テキスト>
PDFファイル(配信画面よりダウンロード)


※以下の受講を受けてくださっている方はテキストはあまり変わりませんが、お伝えする内容がアロマポセカリー用に変わっております。

「ホリスティックセルフケアマスター講座」(*代替医療師Vanillaの講座)

  • アロマ概論
  • アロマ基礎(嗅覚/香り)
  • アロマ種と化学
  • アロマ方法と実践
  • アロママトリックス体質判定のヒント
  • メディカルハーブ

 

まずは、捉え方、物の見方をひっくり返す講義です。

 

かけていたメガネを外す作業です。

どんな人にもこれは受けて欲しいと思います。

 

この世界を一緒に探求してくださる方をお待ちしております。

お申し込み

  • アロマポセカリー 0章(全1講座/2時間)

    • 価格
    • 15,840 円(税込)

    0章の受講の有無は初級の証書のお渡しに関わらないとします。
    自己判断・自己申告にてお申込みをいただきますようお願いいたします。

     

    視聴期間:2日間

    ※購入後すぐに視聴期間がスタートします。

  • 再受講の申し込みについて

    ※2019年以前に受講されている皆様は、続きの講座を受講するために受講された講座を再度受講されたい場合、1回のみ割引価格で受講いただけます。再受講方法は、0章をお申し込みされたメールアドレスにご案内(件名:アロマポセカリー0章 再受講割引のご案内)をお送りしておりますので、ご確認お願いいたします。ご案内メールが届いていない場合は、info@lecaprice.jpまでお問い合わせください。